センチュリー21ハウスパートナーTOP > 株式会社ハウスパートナーのスタッフブログ記事一覧 > 不動産を購入する際の火災保険加入は義務?選び方と相場の傾向について

不動産を購入する際の火災保険加入は義務?選び方と相場の傾向について

≪ 前へ|旗竿地のメリットとデメリットとは?工夫次第で快適に住める!   記事一覧   マイホームにおける長期優良住宅の認定について|次へ ≫

不動産を購入する際の火災保険加入は義務?選び方と相場の傾向について

不動産を購入する際の火災保険加入は義務?選び方と相場の傾向について

火災保険といえば、住宅を購入するときや賃貸物件の入居時にも加入する保険ですよね。
そもそもこの火災保険、不動産購入時には必ず加入しなければいけないものなのでしょうか。
今回は火災保険の選び方や相場についてもあわせてチェックしていきますのでぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を購入するときの火災保険加入は義務?

火災保険とは、火災や風水害、落雷、爆発、破裂によって建物や家財が損害したときに補償してくれる保険のことです。
火災保険は、住宅を購入するときに義務付けられていることはありませんが、住宅ローンを利用するときにはほとんどの場合加入を求められます。
災害によって担保となる住宅がなくなってしまったり価値が下がってしまったりする可能性があるので、住宅ローンを利用する際に火災保険に加入するように求められるのです。
不動産購入では住宅ローンを利用される方が多いため、結果的に不動産購入時に火災保険に加入する方がほとんどになると言えるでしょう。

不動産を購入する際に加入する火災保険の選び方

火災保険は、次のポイントに着目して選ぶようにしましょう。

1つの商品だけを見て決めない
火災保険の保険料や補償内容は、保険会社や商品によってさまざまです。
まずは1つの商品だけを見て決めることはせず、いくつかの保険会社の商品を比較して希望に近いものを選ぶことが大切です。
同じ条件で、複数の保険会社にそれぞれ見積もりを取ることもおすすめの方法です。

補償内容をよくチェックする
いくつかの補償がセットになった火災保険が多くあり、セットの中には必要としないものが含まれている場合も少なくありません。
保険の内容をよくチェックして、自分が必要としているものとしていないものを精査するようにしましょう。

保険料をチェックする
火災保険を選ぶ場合、保険料や支払い方法などもチェックするようにします。
補償内容と保険料を照らし合わせて、自分が払える金額のものを選ぶ必要があります。

不動産の購入時に加入する火災保険の相場とは?

火災保険の保険料は、保険会社や補償内容によって変わるため、相場というものはありません。
建物の構造がコンクリート造のマンションなどの場合は比較的保険料が安く、次に鉄骨造の戸建て、さらに木造の戸建ての順に保険料は高くなります。
また、大雪や台風など自然災害が多い地域は、そうではない地域に比べて保険料が高い傾向になります。

まとめ

火災保険は、家を買うために住宅ローンを利用する場合に加入を求められることが一般的です。
火災保険に加入する際には必要と思われる補償が含まれていること、支払う金額に無理がないことを、選ぶときのチェックポイントにしましょう。
センチュリー21ハウスパートナーでは、岸和田・貝塚・泉大津、泉州地域での不動産をご紹介しています。
住まい探しでなにかお困りでしたら、お気軽に当社までご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|旗竿地のメリットとデメリットとは?工夫次第で快適に住める!   記事一覧   マイホームにおける長期優良住宅の認定について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


岸和田市中井町1丁目の中古一戸建

岸和田市中井町1丁目の中古一戸建の画像

価格
1,280万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府岸和田市中井町1丁目
交通
春木駅
徒歩15分

和泉府中ハウスB棟 中古マンション

和泉府中ハウスB棟 中古マンションの画像

価格
790万円
種別
中古マンション
住所
大阪府和泉市伯太町1丁目
交通
信太山駅
徒歩10分

岸和田市土生町の中古一戸建

岸和田市土生町の中古一戸建の画像

価格
4,000万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府岸和田市土生町
交通
東岸和田駅
徒歩30分

パークスクエア高石

パークスクエア高石の画像

価格
3,100万円
種別
中古マンション
住所
大阪府高石市綾園2丁目
交通
高石駅
徒歩5分

トップへ戻る