センチュリー21ハウスパートナーTOP > 株式会社ハウスパートナーのスタッフブログ記事一覧 > あると便利な住宅設備!浴室乾燥機のメリットと注意点とは?

あると便利な住宅設備!浴室乾燥機のメリットと注意点とは?

≪ 前へ|マンションの1階の部屋を購入するメリットと注意点とは?   記事一覧   ◆◇「お盆休み」のお知らせ◇◆|次へ ≫

あると便利な住宅設備!浴室乾燥機のメリットと注意点とは?

あると便利な住宅設備!浴室乾燥機のメリットと注意点とは?

住宅を購入する際、浴室乾燥機をつけるかどうかは悩むところ。
「梅雨時期には便利そうだけど、初期費用もかかるし電気代が高そう…」という方のために、浴室乾燥機のメリットや注意点などについて解説します。
住宅購入を検討されていて、どんな設備を導入するか悩んでいるという方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

衣類乾燥だけじゃない!住宅設備として浴室乾燥機を設置するメリット

屋外に干せない日でも安心して干せる
雨の日だけでなく 花粉や黄砂などの季節は、洗濯物を外に干したくない日があるもの。
かといって部屋の中に干すと、部屋干し臭が気になりますね。
浴室乾燥機があればいつでも快適に乾かすことができます。
また、女性の一人暮らしでも安心ですね。

洗濯物にシワが残りにくい
衣類乾燥機があれば便利ですが、回しながら乾かすため洗濯物にシワが付いたり、縮んでしまったりすることがあります。
浴室乾燥機は衣類をハンガーに干すため、シワになりにくく、縮みにくいといえるでしょう。

浴室のカビ防止効果が高い
浴室は湿度が高く、換気をしても常にカビが発生しやすい環境です。
浴室乾燥機は浴室全体の空気を暖めるため、すみずみまでスッキリ乾燥し、カビの発生を抑えます。

ヒートショックを防ぐ
機種によっては 浴室暖房・冷房機能が付いており、快適に入浴できます。
「ヒートショック」は 浴室と脱衣所の寒暖差が大きいことから起こるため、高齢者のいる家庭では冷暖房機能付きがおすすめです。

家族が多いと不便?住宅設備として浴室乾燥機を設置する際の注意点

電気代が高い
機種によって異なりますが、浴室乾燥機の平均的な電気代は1時間30円~50円ほどかかります。
洗濯物が乾くまでに3~4時間かかるとすると、1回の使用で200円弱となり、毎日の使用で月5,000円を超えることになります。
電気代の安い深夜電力を利用するなど、使い方についての工夫が必要です。

乾燥機能使用時に入浴できない
入浴中は乾燥機能が使えないため、家族で住んでいる場合など、不便を感じることがあるかもしれません。

洗濯物を干すスペースが限られる
浴室の広さは限られているので、洗濯物が多いときには干せない可能性があります。
子どものいる家庭は洗濯物も多く、結局部屋の中が洗濯物だらけ…なんてことも。
こまめに洗濯する、大きいものは干す場所を変えるなど工夫しましょう。

定期的にフィルターの掃除が必要
浴室乾燥機のフィルターが汚れると温風の出具合が悪くなるため、乾きにくくなります。
浴室は掃除しにくい場所ですが、定期的に掃除をして温風がスムーズに出るようにしておきましょう。

まとめ

浴室乾燥機は「あれば便利」という声が多いですが、使い方はそれぞれの家庭によって異なります。
ライフスタイルや家族構成に合わせて、設置するかどうかを検討してくださいね。
センチュリー21ハウスパートナーでは、岸和田・貝塚・泉大津、泉州地域での不動産をご紹介しています。
住まい探しでなにかお困りでしたら、お気軽に当社までご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マンションの1階の部屋を購入するメリットと注意点とは?   記事一覧   ◆◇「お盆休み」のお知らせ◇◆|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る