センチュリー21ハウスパートナーTOP > 株式会社ハウスパートナーのスタッフブログ記事一覧 > 簡易査定と訪問査定の違いについて

簡易査定と訪問査定の違いについて

≪ 前へ|◆◆夏季休暇のお知らせ◆◆   記事一覧   不動産売却の流れについて|次へ ≫

簡易査定と訪問査定の違いについて

カテゴリ:不動産売却について

不動産売却は、複数の不動産業者に売却査定を依頼するところから始まります。

 

査定方法には簡易査定と訪問査定の2種類がありますが、状況によって使い分けられるよう、それぞれの違いやメリットデメリットを確認しておきましょう。

 

不動産売却査定の使い分け:簡易査定と訪問査定の違い



売却査定


まずは不動産売却査定方法の違いを把握し、状況に応じて使い分けられるようにしておきましょう。

 

簡易査定


簡易査定は、売却したい物件の情報(所在地や広さなど)をもとに机上で査定してもらう方法です。

 

近年はインターネット上での一括査定が主流で、早ければ当日に結果がわかります。

 

訪問査定前にお試し査定を受けたいときや売却検討中に相場価格をつかみたいときなどに、気軽に利用できる方法です。

 

訪問査定


担当者が実際に物件を見ながら査定してくれる訪問査定では、より現実的な査定価格を知ることができます。

 

所有物件の適正価格がわかるだけでなく、直接アドバイスをもらうことで業者の良し悪しを判断する材料にもなります。

 

査定には時間がかかるもののインターネットなどから簡単に依頼できるため、複数の業者に依頼して比較検討するとよいでしょう。

 

不動産売却査定の使い分け:簡易査定と訪問査定のメリットデメリット



メリットデメリット


簡易査定と訪問査定それぞれのメリットデメリットを確認して、上手に使い分けましょう。

 

<簡易査定のメリット>


一括査定サイトのフォームに必要事項を入力するだけですぐに結果がわかる手軽さです。

 

ただし査定価格はあくまで概算値であり、実際の売却価格と開きが出ることがあります。

 

簡易査定のデメリット>


簡易査定から訪問査定へと進んで最終的な契約につなげるため、業者によっては簡易査定の結果が相場より高い場合があるかもしれません。

 

<訪問査定のメリット>


より現実的な査定価格がわかることと、不動産売却に関するプロのアドバイスをもらえること。

 

<訪問査定のデメリット>


担当者の誠実さなどを見極める良い機会にもなりますが、訪問を受けて査定してもらうために時間と手間をとられること。

 

部屋のすみずみまでチェックしてもらって適切な価格を知るために、部屋の掃除や整理整頓も必要になります。

 

まとめ


不動産の売却査定には簡易査定と訪問査定の2種類があり、状況に応じて使い分けることができます。

 

手軽に利用できる・現実的な査定額がわかるなど、どちらにもそれぞれメリットデメリットがあります。

 

ただ価格を比べるだけでなく、業者の誠実さや信頼度を見極めるためにもどんどん売却査定を活用しましょう。


センチュリー21ハウスパートナーでは、南大阪・泉州エリアの不動産売却・購入を取り扱っております。

 

マイホーム購入をご検討でしたら、まずは弊社にお問い合わせください

≪ 前へ|◆◆夏季休暇のお知らせ◆◆   記事一覧   不動産売却の流れについて|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


岸和田市中井町1丁目の中古一戸建

岸和田市中井町1丁目の中古一戸建の画像

価格
1,280万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府岸和田市中井町1丁目
交通
春木駅
徒歩15分

和泉府中ハウスB棟 中古マンション

和泉府中ハウスB棟 中古マンションの画像

価格
790万円
種別
中古マンション
住所
大阪府和泉市伯太町1丁目
交通
信太山駅
徒歩10分

岸和田市土生町の中古一戸建

岸和田市土生町の中古一戸建の画像

価格
4,000万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府岸和田市土生町
交通
東岸和田駅
徒歩30分

パークスクエア高石

パークスクエア高石の画像

価格
3,100万円
種別
中古マンション
住所
大阪府高石市綾園2丁目
交通
高石駅
徒歩5分

トップへ戻る